SMAPが終わろうとしています。

ほんと悲しいですね。

私も大好きでした。

プロダクトデザイナーは、

どのような状況でどのような空間で使ってもらうか、使いやすいか、など使い手のことを考えて

デザインしたりしますよね。

レースって、レースで終わりじゃないんですよね。

レースそのまま使うことはなく、必ず服や小物に取り付けられたりして完成します。

スカートや服になって初めて「完成」するんです。

なのでレースだけで素敵にデザインしても、服に似合わなければ意味がない。

本当は服飾デザイナーが服もレースもデザインしてやっと、その服の強さが出ると思うんです。

取って付けたようなレースがたくさんあって、

「この服、レースないほうがいんじゃない?」と思ったり。

どんな風に使われるかわからない中での、レースデザインって本当に闇の中。

さぐりさぐり。

自社の新作レースを考えてるときは、コンセプトやテーマをつけるようにしています。

そうすることで、レースデザインもブレることなく、お客様も選びやすくなると思うんですよね。

余談ですが、SMAP×SMAP最終回で歌った衣装についているレースは弊社のものでした。

直接取引あったわけではないですが、代理店通して衣装を製作された会社が購入されたそうです。